トレンドラインの引き方

MENU

トレンドラインの引き方

トレンドラインはテクニカル分析の基本的なツールですが、簡単そうで意外に難しかったりもします。

 

そこで、引き方について順序だてて説明します。

 

  1. ローソク足のチャートを表示させる
  2. 高値と高値、安値と安値を結ぶ
  3. 2本の線が右肩上がりなら上昇トレンド、左肩なら下降トレンド、横ばいならレンジ相場と判断

 

FX業者が提供しているパソコン向けチャートであれば、マウスを使って簡単に上記のラインは引くことが可能です。

 

この場合、各ラインには呼び名がついています。

 

高値と高値を結んだラインはレジスタンスラインと呼ばれます。
下降トレンド中にレジスタンスラインを突き抜ければ、トレンド転換と判断されます。

 

一方、安値と安値を結んだラインはサポートラインと呼ばれます。
こちらも、上昇トレンド中にサポートラインを割り込めば、トレンド転換と判断されることとなります。

 

また、レンジ相場の場合は、上部にあるレジスタンスラインと下部にあるサポートラインの間を相場が行ったり来たりすることになります。

 

よって、上部付近に来れば、ショートエントリー、下部付近に来ればロングエントリーのような逆張りエントリーもよく行われます。

 

トレンドラインは視覚的に相場の流れを判断しやすいために、非常に便利で大切だと言えます。

 

他のインディケーターを使う場合もチャート上にトレンドラインを引くことは必須ですので、きちんとしたラインの引き方を覚えてもらいたいと思っています。