テクニカル分析とはいったいなに?

MENU

テクニカル分析とはいったいなに?

テクニカル手法について具体的な使い方について解説していきたいと思います。

 

FXの分析手法にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析が一般的です。

 

ファンダメンタルズ分析は、金利や経済成長率と言ったマクロ経済を考えた中で、今後の通貨の価値がどのようになるかを推測していく手法です。

 

ファンダメンタルズ分析は世界情勢や経済状況を深く理解する必要があります。ですので、一般の個人投資家には難しく感じてしまいます。また、どうしても『主観』が入ってしまうので、個人差が出やすい分析とも言えます。

 

一方、テクニカル分析は過去の値動きに注目し、その値動きを参考に将来の値を予想していく手法です。

 

テクニカル分析の場合は、さまざまなチャートにインディケーターやトレンドラインを表示させてより確率が高いと思われるポイントでエントリーしていきます。よって、より『客観的』な手法と言えます。

 

客観的に分析できるので、個人投資家にとっては受け入れやすい手法です。

 

ちなみにテクニカル分析を学ぶならマエストロFXがお勧めです。

 

テクニカ分析は不特定多数の人が同じチャートを見て、同じ思惑の元にエントリーすることで成り立つ手法です。

 

ですので、多くの方が注目しているインディケーター等を使ったほうが勝ちやすいとも言えるのです。

 

テクニカル手法で用いるインディケーターはメインチャート上に直接表記させるタイプのもの、具体的には移動平均線や一目均衡表のようなタイプと、サブチャートに表示させメインチャート上のロウソク足と見比べながら使用するRSIやMACDのようなタイプがあります。

 

これらのインディケーターを使いこなしていくことこそが、勝ち組トレーダーとなるための第一歩だと言えるでしょう。