テクニカルの基本ローソク足

MENU

テクニカルの基本ローソク足について

テクニカル手法の基本中の基本と言うと、「ローソク足」と言えます。

 

みなさんがチャートを開いた際にまず目にするのはこのローソク足の集まりでしょう。

 

ローソク足は、4本値と言われる、ある期間の高値、安値、初値、終値を1つのローソク内に現しています。

 

ローソク足を見るだけで、相場を凝視していずとも相場の動きを理解することができるのです。

 

ローソク足は、1本だけで見る場合は4本値以外にも「実体」や「ひげ」と呼ばれる形から現在のトレンドや勢いと言うものを理解しやすくしてくれます。

 

実体とは始値と終値とで囲まれた四角形の部分で、ひげとは高値や安値から始値、終値まで伸びた1本の線のことです。

 

実体が長ければトレンドの強さが理解され、ひげが長ければ相場が転換したと判断されると言ったように視覚に訴えてくれる便利さがあります。

 

また、ローソク足は数本の並びを利用しトレンド方向や転換点を示してくれたりと使い方は多種多様です。

 

例えば、チャート上にトレンドラインや抵抗線を引く場合もローソク足を基準としますし、移動平均線やボリンジャーバンドと言ったインディケーターもローソク足がこれらのラインとどのように接するかが重要となったりもします。

 

このようにローソク足はテクニカル分析の基本となり欠かせないものです。

 

初心者の中にはローソク足のことをあまり理解しないまま、単純にインディケーターを使用している方も多数いらっしゃいますが、理解することでより相場の見え方も全く変わってきます。

 

まずは、ローソク足の一般的な性質だけでも学習していかれることをオススメ致します。