FXでのダマシを減らすために

MENU

ダマシを減らすための考え方

私たち個人投資家の最大の武器とも言えるテクニカル分析ですが、もちろん万能ではありません。

 

100%的中する手法など世の中に存在しないことは、皆様も容易に理解できることでしょう。

 

とは言え、せっかく使用するテクニカル手法ですから勝率高いポイントを導きだしてもらわねばなりません。すなわち、ダマシをいかに減らすかが、トレードスキルを高めていく上でも最も重要なこととなってきます。

 

FXを長年やっていると次第に経験的に分かって来ることなのですが、相場には、テクニカル分析にあった相場とそうでない相場があります。

 

すなわち、テクニカル分析にあった相場選びこそが、ダマシを減らす最大のポイントとなってくるのです。

 

一般的に、重要な経済手法等が発表された時の急激な相場の変動の場合は、テクニカル手法はほとんどと言って通用しません。

 

特に、反発を狙った逆張り的手法は、強いトレンドの餌食となってしまいます。

 

よって、テクニカル分析が通用する相場とは、重要な経済指標等の発表のないボラティリティの小さな相場なのです。

 

この事さえ知っておけば、まずはその日1日の重要指標のチェックを怠らないことが非常に重要になってきます。

 

そして、その後は相場が落ち着いた時間帯を選択することが鍵になります。

 

これだけでも、ダマシは大きく減らせます。

 

とは言え、もちろん、完璧にダマシを減らせることはあり得ません。

 

相場の動きはおかしいと思えば、損切り等により相場からいち早く撤退することもダマシ対策においては非常に大切になってくるでしょう。