テクニカル

MENU

テクニカル記事一覧

テクニカル手法について具体的な使い方について解説していきたいと思います。FXの分析手法にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析が一般的です。ファンダメンタルズ分析は、金利や経済成長率と言ったマクロ経済を考えた中で、今後の通貨の価値がどのようになるかを推測していく手法です。ファンダメンタルズ分析は世界情勢や経済状況を深く理解する必要があります。ですので、一般の個人投資家には難しく感じてしまいます。...

チャートの時間足について考えてみたいと思います。テクニカル手法ではチャートを立ち上げて、そのチャートにインディケーターを当てはめるわけですが、立ち上げられるチャートの足はいろいろとあります。どの足のチャートを開くかに関しては、どういうトレードを行うかによって決まってきます。以下、その例を挙げてみます。スキャルピング・・・1分足、5分足デイトレード・・・15分足、30分足、1時間足スイングトレード・...

トレンドラインはテクニカル分析の基本的なツールですが、簡単そうで意外に難しかったりもします。そこで、引き方について順序だてて説明します。ローソク足のチャートを表示させる高値と高値、安値と安値を結ぶ2本の線が右肩上がりなら上昇トレンド、左肩なら下降トレンド、横ばいならレンジ相場と判断FX業者が提供しているパソコン向けチャートであれば、マウスを使って簡単に上記のラインは引くことが可能です。この場合、各...

私たち個人投資家の最大の武器とも言えるテクニカル分析ですが、もちろん万能ではありません。100%的中する手法など世の中に存在しないことは、皆様も容易に理解できることでしょう。とは言え、せっかく使用するテクニカル手法ですから勝率高いポイントを導きだしてもらわねばなりません。すなわち、ダマシをいかに減らすかが、トレードスキルを高めていく上でも最も重要なこととなってきます。FXを長年やっていると次第に経...

テクニカル手法にはトレンド系の手法やオシレーター系の手法といったものが存在します。それぞれの使い方は人それぞれですが、なぜ、これらの手法での取引により高勝率を上げられることになるのでしょう?値動きがランダムなものであれば、どんなチャートを用いたテクニカル手法を使っても将来の値動きを現在の段階で推測すること難しいはずです。ところが、私たちは将来の値動きをチャートにより容易に推測することができます。そ...

テクニカル手法の基本中の基本と言うと、「ローソク足」と言えます。みなさんがチャートを開いた際にまず目にするのはこのローソク足の集まりでしょう。ローソク足は、4本値と言われる、ある期間の高値、安値、初値、終値を1つのローソク内に現しています。ローソク足を見るだけで、相場を凝視していずとも相場の動きを理解することができるのです。ローソク足は、1本だけで見る場合は4本値以外にも「実体」や「ひげ」と呼ばれ...