FX手法

MENU

FXの取引手法に関して

FXの取引手法に関しては、以下の4つが挙げられます。

 

1、 スキャルピング
2、 デイトレ
3、 スイング
4、 中長期

 

スキャルピング、デイトレは基本的に1日でエントリーおよび決済が終了するトレード手法です。スイングトレードはエントリー後、数日〜数週間をかけて決済するトレードです。中長期トレードはエントリー後、数週間〜数ヶ月ポジションを保持する手法です。

 

これらのトレードにはもちろん、一長一短があります。

 

スキャルピングやデイトレのような短期のトレードは相場の流れが読みやすいと言われます。

 

1年後に相場がどうなっているかを読むのはかなり難しいですが、1時間後、30分後、1分後であれば相場がどのように動くかはその日の流れから読みやすいからです。

 

スイングトレードのような短期〜中期のトレードは経済指標を重視します。その月に発表される経済指標から大きな相場の流れを考えて取引を行います。トレンドに乗れれば大きな利益を得ることも可能です。

 

中長期トレードは過去の高値や安値を目安として、ポジションを持つ時と持たない時を明確にわけて取引をします。ポジションを持つタイミングは難しいですが、1度で得る利益は大きくなります。また、スワップを狙う取引としても利用されます。

 

どの取引が良いかは、各人のスキルやトレード可能時間、取引目的によって変わってきます。

FX手法記事一覧

スキャルピングトレードとは「超短期」のトレード手法の事です。時間で言うと数秒〜数十分で終わることがほとんどです。長く持っていても数時間で決済を完了させてしまいます。みなさんは、スキャルピングという意味をご存知でしょうか?スキャルピング(Scalping)の意味は「薄く頭皮を剥ぐ」と言う意味です。つまり、『薄く利鞘を剥ぐように稼ごうとする』手法という意味です。「薄く」という点がポイントです。基本的に...

デイトレードとは「1日でエントリーから決済まで行ってしまう」のトレード手法の事です。早い時では数分で、遅い場合は数時間ポジションを維持しますが、1日のどこかで必ず決済をすることになります。万一、決済できない場合は指値や逆指値を入れることが一般的です。デイトレードで一番神経を研ぐのはエントリーするタイミングです。タイミングが悪ければ勝つことは困難です。タイミングを計るために複数のインディケーターを使...

スイングトレードとは「エントリーから決済までを約数週間で行う」のトレード手法の事です。「指値や逆指値を使って決済する方法」や「週末以降にポジションを持ち越さないように週末決済を行う手法」等その手法は様々です。エントリーから決済までの期間が長いため、慌てて取引をする必要がないため初心者が始めやすい取引手法と言えます。エントリーは順張り、逆張りどちらも行えますが、初心者であればトレンドを確認した後の押...

中長期トレードは「エントリーしてから決済まで数ヶ月〜数年かけて行う」トレードの事です。いったんエントリーすると暫くは放っておくこととなります。ですので、どのタイミングでエントリーするかが非常に大切になります。エントリーするタイミングが悪ければ、長い期間含み損を抱えることとなり、塩漬け状態となりかねません。タイミング良くエントリーできれば、長い期間保有することになりますので、大きな利益を得ることも可...

短時間で大きな額を稼げいでいるトレーダーにスキャルピングを使っている人が多いため、その手法に魅力を感じてFXをはじめるかたも多いのではないでしょうか?テレビなどでもPC画面をいくつも並べ派手に取引しているところを取材されているのを見たこともあるかもしれませんね。たしかにスキャルピングは短時間で何度も取引をするため稼げるチャンスというものも増えてきます。その一方で、高いスキルを必要とするため安易にス...