FXの基本となる考え方について

MENU

FXの二つの分析法

 

FXのトレードする上での考え方として、2つの大きな考えがあります。それが、「ファンダメンタルズ分析」と、「テクニカル分析」になります。

 

簡単に説明しますと、ファンダメンタルズ分析は、各国それぞれの状況を把握し、それがどのように相場に影響するのか分析していく手法です。

 

随時、発表される経済指標を数値化したものを分析していくことになるので、難しいと感じる方も多いです。

 

テクニカル分析は、チャート上に様々なインディケーターを表示し、いつ売買したらよいかタイミングを図りながらトレードしていく手法になります。

 

ここでは、主にテクニカル分析について書いてきますので、ファンダメンタルズ分析に興味のある方などは、書籍などを購入し読んでみてください。

 

テクニカル分析をするためのインジケーターについて

 

テクニカル分析では様々なインディケーターがあるのですが、一般的に

  • トレンド系
  • オシレーター系

に分けられます。

 

書籍やロジック等では上記のインディケーターを組み合わせて、最も勝率が高いと思われるポイントを教えてくれています。

 

1つ注意しないといけないのは、

インディケーターの組み合わせが少なければ、エントリー回数が多いが「ダマシ」も多い。

 

インディケーターの組み合わせが多ければ、エントリー回数が少ないが「ダマシ」も少ない。

という事です。

 

不特定多数の人が数多くのインディケーターから売買タイミングを計っており、多数の人が、同じタイミングでエントリーした時のみそのインディケーターが意味を持つのです。

 

つまり、インディケーターを多く組み合わせれば組み合わせるだけ、多数の人のエントリーと同じタイミングになれるとも言えるのです。

 

この事を忘れてはいけません。

 

FXはゲームのように規則性があるわけではなく、多くの人の思惑で動いているのです。

 

書籍や情報商材を選ぶ時、インディケーターが1つなのに、売買タイミングが多いスキャルピングトレード用などとの表記があれば疑うべきです。

 

世界中の人が1つのインディケーターにのみ注目しているなんてあり得ません。

 

その事を頭に入れるだけでも取引への考え方が変わってくると思われます。