FXの基本となる考え方について

MENU

FXの基本記事一覧

FXのトレードする上での考え方として、2つの大きな考えがあります。それが、「ファンダメンタルズ分析」と、「テクニカル分析」になります。簡単に説明しますと、ファンダメンタルズ分析は、各国それぞれの状況を把握し、それがどのように相場に影響するのか分析していく手法です。随時、発表される経済指標を数値化したものを分析していくことになるので、難しいと感じる方も多いです。テクニカル分析は、チャート上に様々なイ...

取引をする上で見落とされがちな重要な考えがあります。それは「時間帯」です。時間帯によって、トレンド系のインディケーターが重要が機能するときと、オシレーター系のインディケーターが機能するときとが異なってくるのです。例えば、日本時間の朝から昼にかけては、相場の動きは比較的緩やかです。夕方になり、ロンドンが開くと相場はトレンドを形成しやすくなります。夜になりニューヨークが開くと様々な経済指標の影響を受け...

FXで大きな利益を得るには、トレンドの転換点にすばやく気付くことです。トレンドが転換したと気付くためには、どんなインディケーターが必要でしょう?有名なものにトレンドラインのブレイクがあります。サポートラインやレジスタンスラインをチャート上に引いたとき、そのラインをロウソク足が突き抜けた時のことです。しかし、このトレンドラインへのブレイクは、トレンド転換に気付くには若干スピードが遅いと言われています...

FXでは多くの個人投資家がテクニカル指標による取引をしていますが、もちろんファンダメンタルズによる分析も大切です。それでは、私たちはどんな指標に注目したら良いでしょうか?以下に私のベスト3をあげてみます。米国雇用統計FOMC米国GDP全てアメリカです(笑)やはり世界経済はアメリカを中心に動いているので当たり前と言えば当たり前でしょう。米国雇用統計1の米国雇用統計はキングオブ経済指標と言われるくらい...

勝ち組トレーダーの多くは、自分の成績をノートに記入しています。ノートの書き方は様々ですが、エントリーおよび決済時間やそのトレードによる反省等が書かれているようです。私もノートにその日の結果をつけています。と言っても、面倒くさがり屋なので(笑)、チャートをコピペして印刷し、そこに負けた理由。勝った理由を書いています。そして、その日に起こった重要な経済指標も併せて記入しています。こうする事で、後日、エ...

MT4で取引ができるFX業者で取引している人は通貨ペアの多さに戸惑うことでしょう?初心者であれば、クロス円以外の通貨ペアは手を出しづらいかもしれません。どういう通貨ペアを選んだら良いのでしょう?選ぶ基準として最も大切なのは、「ボラティリティ」の概念です。ボラティリティと言うのは、一言で言えば、値動きの大きさです。ボラティリティが大きい通貨は1日の値動きが大きく、ボラティリティが小さい通貨は1日の値...

FXを始めてまもない方は、様々な注文方法に困惑されることでしょう。成り行きの注文は分かりやすいですよね。成行注文成り行き注文は、リアルタイムで動く値をタイミングよくクリックし、クリックした時の値段で約定させる注文です。この場合、スリッページというもの設定できる業者もありあます。急激な相場の動きのために、クリックした値段からずれる(滑る)場合の許容範囲を予め自分で設定できる注文です。スキャルピング等...

裁量取引で重要になってくるのが損切りです。経験を積んだトレーダーでさえ、どの地点で損切りをするかについては悩ましいところです。しかし、損切りポイントの置き方をしっかり学べばトレードの成績は著しく変わってきます。このレポートでは、初心者の方でもわかりやすいアキタカ流の損切りポイントをご紹介します。上手な損切りをしっかりとマスターして、トレードの大きな武器としていただけたらと思っています。損切りで注意...

FXについてどんなイメージをお持ちですか?小額の保証金でスタートできて、手軽そうなイメージを持っている方も多いでしょう。FXの歴史自体が浅いので、初めての方でも新規参入しやすそうなイメージもあるでしょうか?しかし、よく考えてください。自己資金の何十倍何百倍の金額に相当する外貨を売買することができると言うことは、それだけハイリスクになりやすいと言うこと。FXの歴史が浅い分、FXを規制するルールがゆる...